人命より格式・・・あり得ない相撲協会。

京都・舞鶴文化公園体育館で4日に行われた春巡業で舞鶴市長)があいさつ中に倒れ
複数の人が土俵上で救命措置を施していた際、日本相撲協会側が「女性の方は土俵から下りてください」
とのアナウンスですがその女性が救命措置をしてるにも関わらずあり得ない発言です。


その女性は看護師さんで命に関わると思い土俵に上がっただけです。


いくら相撲界で土俵は女人禁制とは言え時と場合によると私は思います。


そこまで言うなら常に医師を待機させる事を相撲協会側がするべきです。


救命措置をしてくれたからこそ命が助かったと思わないんでしょうか?


私は看護師さん達に逆にお礼を言うのが当たり前だと思います。


人の命よりも格式を重んじるなら相撲なんて国技では無いと思います。


私も相撲は好きですが今回の事で相撲を見る気にはならなくなりました。


今回の事で市長が亡くなったら相撲協会はなんて言うんでしょうか?