逆の立場で。

私は身近な人達に何かあった時には「逆の立場になってものを言え」と言っています。


人には様々な事があります。


内容によっては逆の立場になっても許されない事もあります。


でもその時に責める事ばかりではなく一度は相手の立場になって考えてからでも遅くはありません。


いじめでもそうです。


いじめられてる子の立場になれば自分がどんな事をしてるか本当は分かるはずなんです。


でも残念なことに逆の立場で考えてる子がいないのが現状なんです。


答えは自分はいじめられないと思っているからです。


私はどんな時にでも逆の立場になって言ってあげれば自分自身がもっと成長すると思っています。


甘いと思われるかもしれませんが私はそう思っています。


もっと心が広く優しい人になる、今の時代だからよけいにそう思います。